新年あけましておめでとうございます 正月正月

本日、堀江ゴルフアカデミーは新年初日を迎えることが出来ました 正月正月
本年もどうぞよろしくお願いいたします よろしく

早速ですが、私の新年打ち初めスウィング ゴルフぴのこ:)

正面から













後方から









武村プロには
「たった1年のレッスンにしては…まぁまぁ良くなった」と
誉めてもらいましたが
腕の力が入りやすいのと、身体のリードのタイミングを指摘されました。

形のアドバイスは全く無く
ひたすら“脱力”“流れ”や“タイミング”をつかむ指導です。
連続写真では分かりにくいですが・・・

30代の半ばからドライバーショットが
トップから降りてこなくなる、イップスのようになり
様々な練習を、あれやこれや試しても…ダメ
次第にコースから足が遠のいてしまったのです…。

武村プロと再会していなければ、今も悩んでいたと思います。
アカデミーがオープンして、さらにコースに行く機会がなくなり
早や3年が経とうとしています。

今年はもっとコースに出ようと思います ファイト手



堀江ゴルフアカデミー
本日で今年のスクールは終了です。

本日も極寒の中、たくさんの方にお越しいただき
ありがとうございました やったー

明日、ゴルフの予定のある方が多いようですね。
暖かく…暖かくしてお出かけくださいませ 寒い

本年も大変お世話になりました エクステンション

皆さま、よいお年をお迎え下さい 顔


堀江ゴルフアカデミー


クリスマス 今日はクリスマス クリスマス

昨日のイブの夜はコンビニの豚まんを食べました 嬉しい
堀江界隈のお洒落カップルはとても楽しそうでした。

さあっ!! 明日からは街中のクリスマスの飾り付けが
一気にお正月モードになりますね。

アカデミーは28日(土)まで開講しておりますので
今年最後の仕上げにお越しください。
お待ちしています。

年末年始は
12月29日(日)〜1月5日(日) までお休みさせていただきます ぺこり



堀江ゴルフアカデミー


今年も残すところ…あと10日と少し

なんか、、あっという間の1年でした。

先月、武村雅己プロにお願いして
コースでラウンドをしながらスウィングをみてもらいました。

武村プロとのラウンドは1991年のプロテスト以来22年ぶり…。
しかし、、まぁ、、武村プロは曲がらずよく飛びます。
風が強いうえに、朝はグリーンが凍っている悪条件でも
ピンにビシビシ絡んでいく びっくり

最近のスコアは60代前半が多いとのこと 矢印上
よ〜〜く分かります。
そんなプロに誉めてもらい…やる気が出てきましたよイケメン

あと、今年嬉しかったこと、、
最近のことですが、皆が涙して喜んだ
男子ツアー最終戦の「日本シリーズ」宮里優作プロの優勝 拍手

それに、会員の方がクラブシニアチャンピオンになったこと 拍手
良いことが多かったです。

2013年…今年もしっかりと締めくくって
2114年に向かいたいと思います。


堀江ゴルフアカデミー
プロギア サイエンスフィット

期間限定で新しい弾道測定器を設置しています。



水野さんに打ってもらいました。








けっこう辛い数値が・・・
しかし真っ直ぐ飛んでいます。
使用クラブはHONMA情熱系 ツアーワールド430







上から見て


自分のスウィングタイプは・・・


スウィングプレーンも・・・


ボール内部にセンサーがあり(専用ボール)
かなり正確なデータがとれます。
プロギア、、、すごいです。


堀江ゴルフアカデミー

ワールドカップ2013

いよいよ今月21日から始まります。

今年の日本代表は 石川遼 、 谷原秀人 チーム
大暴れしてほしいものです わーい

2001年、静岡県の御殿場で行われた
EMCワールドカップ



当時、心斎橋パルコを休講にして(スイマセン…)
4日間、メジャー選手のプレーをタップリ堪能してまいりましたonpu03

目当てはもちろん、生タイガー・ウッズ エクステンション
デイビッド・デュバルと組んだチームアメリカ。

当時、むち打ちになりそうなタイガーの高いドライバーショット

ホールによってはティーショットを2Iで打ち(高いティーアップで)
同組、伊澤選手の3Wショットの真横に・・・推定270Y

スプーンではインテンショナルドロー(フック?)で300Y

他にも、アーニー・エルス、レティーフ・グーセン、セルヒオ・ガルシア、
ミゲル・アンヘル・ヒメネス、アダム・スコット、アーロン・バデリー・・・
なんぼ挙げてもきりがないほど、選手のプレーを朝から晩まで見まくって
至福の時…

普段のトーナメントとは何か違う
丸山茂樹プロがパッティングをミスすると
「何やってんだー!!」とヤジが飛んだり
ギャラリーもプレーヤーもナーバスに陥る緊張感が。。

毎日、1万5000人のギャラリーですから
場所取りも本当に大変でした 0口0
初日、アメリカチームに付いて回るも、なんせ人の頭しか見えず、、

だ〜いぶ先回りして8番ホールのティーグランド真後ろへ1番乗り
ただ、そこが急斜面になっていて、ツルツル滑り・・・
その上寒いし、カイロを握ってじっと待つこと1時間半…寒い

その1ホールに賭ける気持ちで我慢しました。

その甲斐あって、選手はどアップ にこにこ
8番は4番(ショート)と隣接していて、両ホール観ることができました 手

やはり、一番しびれたのは最終日。

3日目までのタイガーは、感情むき出しで、短いパットを外したり
クラブを投げつけたり…だったのが
感情を表に出さす、能面のようになりバーディーの連続。
同組のデュバルが笑ってしまうほどの凄さ。

そして、皆さまもご存じ、伝説の18番最終ホールのチップインイーグル 男前

2時間以上前からグリーン横で待ち構え…
カイロを全て使い果たし、熱かんで寒さを耐えしのぎ、、
そのあとにご褒美が 感動

セカンドでグリーン右に外し、寄せるのも難しい(僕の場合)左上がりのライから
タイガーのアプローチはラインにのって…
スルスルスル〜〜っとカップへ

「ギャーーー」 「入ったーーー!!!」

「ド〜〜〜〜〜ン」という地響きのような歓声と拍手で総立ちのギャラリー
突然起こった出来事に立ちくらみ…
あの興奮は忘れられません ♪

この年のワールドランキング、日本人で最上位だった伊澤利光プロが
丸山茂樹プロを指名し、誕生した日本最強チーム。

翌年、ランキングで逆転した丸山プロが伊澤プロを逆指名で再結成。
カナダカップ以来、日本人ペアのワールドカップ制覇(メキシコ開催)
となりました。

今年も日本チーム 期待しています。
偉大なる先輩方のタスキを受け取り
目指せ!!世界一 優勝

11月21〜24日 オーストラリア ザ・ロイヤルメルボルンにて開催です。




堀江ゴルフアカデミー
最近のクラブ…
進化してますよね。

クラブヘッドをその大きさ、ロフト、ライ角、重心位置…などから
細かく選んで、さらに自ら調節も出来る

シャフトも重量から長さ、トルク等をクラブヘッドと組み合わせて
自分のスウィングに合ったものを何本か選ぶ
さらに試打して良かったものを購入する

スゴイと思いませんか??

昔・・・パーシモンの頃
例えば木目で樹齢をみたり自分で少し削ってみたり。。

メタルに移行した頃は、当たり外れが多く
何本も手に入れてみて、やっと自分に合うクラブに出合えるという
奇跡のパターン。
こういうのがずっと続いていまして…

でも自己責任のスポーツでもあるので
打ち方が悪いとばかりに練習、、練習。。

僕は道具にとても無頓着なタイプでしたが
周りの上級者はクラブも妥協せず常に研究していました。

最終的には「腕」なんでしょうが
昔と比べ現在のフィッティングは
労力と時間を割かずに選ぶことができるようになり
道具の進歩は現在のゴルファーにとって本当に有難いと思います。
そしてジュニア選手たちのレベル向上にも大変役立っているのではないかと。

ただ「どこのクラブがいい?」
  「私に合ってるクラブを教えて・・」等々よく尋ねられますが
今は選択肢がありすぎて、どこのスクールのプロもご苦労なさっていると思います。

ぼくの尊敬するクラブデザイナーの竹林隆光さんは
『 初心者はボールのつかまりのいい(左に行きやすい)クラブでゴルフを始め、
 左曲りのボールが出だしたら、少ししっかりしたものに買い替えるといい 』
 と、、おっしゃっています。

初めからオーバースペックだとスイングが悪くなってしまう。
ボールが上がらないと感じると身体を傾けてすくいあげようとしたり、
右に行きそうだとアウトサイドから左に引っ張り込もうとする。
 

今どきは・・・
無理して打てないクラブを打ちつづけるよりは
即戦力のクラブを使うほうがいいと思います。
堀江ゴルフアカデミーでは
2か月に1回、大阪の若手弁護士会のレッスン会を行っています。

今回は 『コース実践編』 という事で
武庫ノ台ゴルフコースにてラウンドレッスン会を開催しました。



一見、イケメンと美女が勢ぞろいの イケメン「ゴルコン」に見えますが、実際は…
バリバリの体育会系といいますか、、

290Y位飛ばす人 !!!(方向は気にせず)
パッティングは全て強め
何故か、ヘビーラフにわざわざリプレースする…などなど
見ていて楽しくなってきます。

芝生の上で打つのが初めての方々もおられましたが
今回はスクランブル方式でゲームを行い
団体戦の優勝チームはなんと「76」という好スコアになりました あげあげ
チームワークや戦略が勝敗を分けたようです。。

皆さま、お疲れ様でした。



堀江ゴルフアカデミー



10月25日(金)
女子プロゴルフツアー マスターズDCレディーストーナメント2日目。
残念ながら荒天の為、中止になりました。

馬場ゆかりプロのコーチでもある松本進プロに
そんな慌ただしく、お忙しい中、堀江ゴルフアカデミーへお越しいただきました。

松本プロが到着するまで、武村雅己プロのワンポイントレッスンや
デモンストレーションで盛り上がり





そしていよいよ松本プロの講演が始まりました。





その内容は・・・
◎練習の際の心掛け
◎タイガーウッズがハンクヘイニーと共にどのような
 スウィング作りを行ったか
◎日本人プロと海外プロゴルファーの違い・・・などなど



質問もたくさんで実りある2時間でした。

特に上達法においては
出来る事を繰り返す重要性を強調されていました。

例えばスウィング改造を試みて、ボールを打つとそれが出来ない…
ならば素振りで出来るか はてな

素振りで出来なければクラブを持たず、体の動きのモーションだけでやる
それでも出来なければスローモーションでやる
とにかく自分の出来る方法が見つかればそれを繰り返す

タイガーウッズもボールを一切打たずにスローモーションで身体の動きを徹底的に繰り返していたそうです。

最近では、宮里藍プロが1回のスウィングを1分以上かけて行うという練習を
テレビで観ましたが、それもその方法であるという事です。

参加いただいた皆様、ありがとうございました。

松本プロ、貴重なお時間をいただき本当にありがとうございました。



堀江ゴルフアカデミー




本日、素敵なお客様が遊びに来てくれました 犬ハート



マリーちゃん。

アカデミー会員様のワンちゃん。。
これでもかなり大きくなったらしいのです。

ずっと前から会いたいとお願いしていまして…

Nanako様ありがとうございました スマイル


堀江ゴルフアカデミー